よくある質問

1. 天然海水の保存できる期間はどれくらいでしょうか?

 

答え:飼育する生物によって異なると思いますが、天然海水中に生物などの死骸が混入していなければ何年でも常温で保存できます。お客様の中には2年間常温保存をしてサンゴ飼育に利用されている方もいました。

私が学生時代に小笠原諸島の海水を海藻の飼育実験に使っていたときは、3年間常温で保存していた海水でも使用できました。北海道のように生物豊富な海水を使っていた時も、半年常温で置いて使用していたことは頻繁にありました。ただし、飼育する生物によっては「すぐに使った方が良い」という人もいれば「1ヶ月以上常温で寝かせておいてから使った方が良い」という人もいます。但し、あくまでも生ものであるため、保存環境によっては予測し得ない生物の混入が起こる可能性は否定できませんので、ご購入されたお客様ご自身の判断でご使用願います。

 

 

 

2. 天然海水に保存剤などの添加物を入れていますか?

 

答え:保存剤などの添加物は一切入れていません。弊会独自に開発した完全無毒のサンゴや魚が元気になる天然のあるものを入れています。これは、人間の体内に入れても全く害はありません。弊会だけのオリジナルです。成分は企業秘密となっています。

 

 小笠原諸島の天然海水(表層水)は海水が腐る原因となるプランクトン、有機物、栄養塩類(リンや窒素)がほとんどないため、防腐剤などの添加物を入れる必要がありません。大型プランクトン(小型のクラゲや浮遊二枚貝など)は泳いでいますが、海水をろ過しているので、クラゲ等の大型プランクトンの混入はありません。

 

 

 

3. 保存中や輸送中に暖められて水質変化は起きませんか?

 

答え:水質変化の心配はありません。海水の主成分は無機物質(例えばガラスやアルミ)で、熱では分解しにくい成分です。私は出身大学の研究室で6年間海藻の培養に携わっていましたが、天然海水を使用する際には100-120度に熱してから使用していました。私だけでなく世界中の海藻研究者は海藻を培養する際に海水を熱で滅菌してから使用します。また、海水を非常に細かいろ紙を通すことで滅菌することもあります。一度熱した海水と熱さない海水を比較しても、成分上ほとんど変化はありません。ただし、高温に熱した海水は、海水中のビタミンが破壊される場合がありますが、海藻の飼育には全く影響はありませんでした。また、熱した海水を急冷するとガラスの結晶が発生することもあります。しかし、輸送中に暖められたとしても40度以上になることはありませんので、水質変化の心配はありません。また、海水の中にはプランクトンが混じっており、それらが死滅して腐って海水に溶けることはあります。しかし、それは微々たる量で海水全体を変質させるまでには至りません。例えるなら、6畳の部屋にハエが1匹死んで腐っても、部屋の空気に変化が起きないとの同じです。海水全体の総量から考えると、プランクトンの死滅量は全く問題になりません。

 

 小笠原諸島の天然海水には海水を腐らせて水質変化(硫化物の発生)を引き起こす有機物質がほとんど含まれていません。この点でも小笠原諸島の天然海水は水質変化をほとんど引き起こすことのない海水です。ただし、生物の相性や飼育されていた水槽内の残留物との化学反応などによる有害物質の発生など、想定外の危険性も考えられますので、必ず試験的にご利用になって安全性を確かめられた上でご使用願います。

 

 

 

4. 海水が漏れていて容量が極端に少なくなっていました。どのような対応をして頂けるのでしょうか?

 

答え:海水漏れなど、明らかに当店や配送業者の不備により発生した事故につきましては、誠意を込めて全額ご返金、代替え商品の発送等によって対応させて頂きます。その際には配送業者への確認、保険金請求などを実施する場合がございます。お客様にご協力頂く場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 またトップページでの説明にもございますように、20L容器に満水状態で発送しています関係で、1-2リットル程度の過不足は発生しますので、予めご了承下さい。

 

 

 

5. 発送を早くできないでしょうか?

 

答え:誠に申し訳ありませんが、小笠原諸島は1週間に1度の船便しか荷物も人も輸送手段がないため、対応致しかねます。太平洋に浮かぶ小さな離島故ご不便をお掛け致しますが、この不便な地域だからこそ、世界有数のきれいな海水を採水することができますので、何卒ご了承下さい。

 

 

 

6. 代引きは使えないでしょうか?

 

答え:初めてご注文のお客様は5個までご注文でしたら、ゆうパック代金引換とヤマト便との併用で発送可能です(送料梱包料はヤマト便だけの発送と比べて高くなります)。複数個ご注文の場合、通常は送料の安いクロネコヤマトのヤマト便で発送していますが、ヤマト便は代金引換ができません。リピーターのお客様はゆうパック代引きとヤマト便の併用で5個以上(上限あり)の代引きにも対応致します(送料梱包料はヤマト便だけの発送と比べて高くなります)。

 

 

 

7. 容器はどのようなものでしょうか?

 

答え:容器はポリエチレン容器で、JIS振動・落下試験に合格していている液体運搬専用容器です。食料分野、飲料分野でもお使い頂ける有害物質が溶け出さない衛生的な容器です。

 

 

 

8. 天然海水を殺菌・滅菌してなくても大丈夫?

 

答え:大丈夫です。

殺菌したり滅菌した天然海水で海の生き物を飼育すると、海産ブドウ球菌等の菌類・バクテリア類が異常繁殖し、pHを著しく低下させることがあります。

 

殺菌・滅菌してしまうと、悪玉だけでなく善玉の菌類・バクテリア類まで殺してしまうためです。

 

弊会では滅菌海水を使ったために、幾度無くこの失敗を繰り返して、藻類を死滅させてしまったことがあります。

 

特に滅菌ろ過海水を使った弊会の藻類研究では、海産ブドウ球菌の大増殖によるpH低下に悩まされています。

 

ところが、滅菌もろ過もしていない生海水を使うと、pHの低下はほとんど発生しませんし、藻類も藻類に寄生する動物も元気な状態を維持できます。

 

しかし、生海水を使うと他の藻類や動物が混入してしまうため、研究の培養では生海水を使うことができません。

 

このような経験から弊会では、厳密な無菌培養や研究の培養の場合を除き、小笠原の天然海水をアクアリウムで使う場合は、殺菌・滅菌は必要ないと考えています。

 

採水している場所は、ハードコーラルをはじめ、熱帯魚、鮫などが生息しており、時には採水中にマンタさえ泳いでいるの見える海です。

 

生き物達が元気で暮らしている場所の清浄性の高い生海水を、殺菌・滅菌する必要はありません。

 

また、海水は海の生き物にとって空気のようなものです。

 

人間が無菌室で暮らしたらどのような弊害が起こるでしょうか?

 

人も魚もサンゴも、善玉・悪玉のいる菌類の中で暮らしており、時には寄生虫とも共生しながら生きています。

 

アクアリウムを成功させる最大のコツは、自然に生きる生き物達が快適に暮らしている環境に近づけることです。

 

小笠原諸島の天然海水は、サンゴや熱帯魚などが快適に暮らしている環境から採水しています。

 

仮に弊会の海水に問題があるならば、先に採水場所のサンゴや熱帯魚達が死滅するはずです。

 

2006年の創業以降、継続して利用されているお客様は大勢いらっしゃいます。

 

百聞は一見にしかずです。どうぞご利用下さい。

 

*汚染されている生海水を利用する場合は、殺菌・滅菌した方が良い場合もあるかもしれません。上記見解は弊会が海水利用をした小笠原と北海道の場合を参考にしており、他地域の海水すべてにあてはまる訳ではありません。